みゃーみゃーと表現される名古屋弁について、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋弁講座』
みゃーみゃーと表現される名古屋弁について、詳しく丁寧に解説するサイト『名古屋弁講座』

名古屋弁の地域はもちろん名古屋地方なのですが、その範囲は名古屋市を含む旧愛知郡、
旧海東郡、旧海西郡、旧中島郡、旧葉栗郡、旧春日郡、旧山田郡、旧扶桑郡、旧知多郡北部
と、ほぼ旧尾張国全体となります。
もちろんその中でも地域差はありますので異なっている部分もありますし、逆にその周りの
地域でも名古屋弁に近い地域はありますので、はっきりと境界線を引くことは出来ません。
また、テレビで言われているように「にゃあ」「みゃあ」と付ければ名古屋弁になると誤解
されている方も多いようです
このサイトでは名古屋弁について書かれていますので、テレビの影響で誤解されている
方や、名古屋に引っ越そうかな、とお考えの方はぜひ参考にしてみて下さい。

愛知の話し方教室
あがり症克服・スピーチ・ボイストレーニング等、各講座・個人レッスンを承ります!
セミナー・講演・研修・司会もお任せ下さい。
http://mermaid-voice.com/

地域による違い

ひとくちに名古屋弁といっても、北部・南部や地域による微妙な差異があります。また、年配の方の名古屋弁と女子高生の名古屋弁にも違いがあります。

けった

この「けった」とは東海地域で広く使われており、若者から年配の方までに広く使われているのが特徴です。

語尾の基本

基本的に語尾には、「ゃ」「ぁ」などがよくつきます。例えば、「〜すれば」は「〜すりゃぁ」となります。

わや

「わや」とは状況を表す言葉で、標準語で踏んだり蹴ったり、泣きっつらに蜂のように、悲惨な状況を表す時に使われます。

単語の発音変化

名古屋の人は猫のようにみゃーみゃー言うと言われますが、その原因として名古屋弁では、特有の母音の発音の変化があるようです。

たも

たもとは、標準語で虫取り網のことです。虫取り網とは、虫かごと一緒に持って昆虫を追いかける棒の付いた網です。